無通信下でのリモートワイプ機能もあるモバイル端末管理mdm

モバイル端末管理をきちんと行うということは、企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で最も重要になってきます。
企業で大量のモバイル端末を導入したにも関わらず、きちんと一括して管理できていなければ非常に危険です。盗難、紛失時にそこからお客様の個人情報や機密情報が漏れ出てしまった場合は企業の信頼を失ってしまう可能性もあるからです。
そこでモバイル端末管理としてmdmを利用することで、そのリスクを最小限に抑えることができます。Mdmのリモートロック、ワイプ機能は、第三者の手にモバイル端末が渡ってしまった時に操作できないようにロックをかけたり、デバイス内にあった重要な情報を全て端末を初期化してデータを失くしてしまったりする機能になります。スクリーンロックパスワードの入力を数回失敗した場合や一定時間通信外にいた端末を初期化するワイプ機能を持ち合わせたmdmもあり、非常に人気があります。
セキュアな環境下でモバイル端末を運用する上でこの機能は欠かせません。リモートワイプ

アプリの制限を可能にするmdmとは?

mdmとは、企業で導入されたスマートデバイス端末を一元管理するための管理ツールになります。このmdmによってスマートデバイス端末を管理することで利用者による不正使用や、情報漏えいのリスクを未然に防ぐことが可能です。スマートデバイス使用者が仕事以外での不正利用を防止するためにmdmツールが役立ちます。例えばmdmツールで管理されたスマートデバイス端末はデバイス制御機能、アプリ利用制限機能などをつけることが可能です。デバイス制御機能とはカメラ機能、Bluetooth、無線LAN、SDカードなど業務にははあまり使用する必要のないスマートデバイス端末の機能を無効化することができる機能になっています。またアプリの利用を制限もmdm管理ツールには欠かせません。管理者が使用を許可したアプリだけを利用することができるように管理するホワイトリスト方式などを導入する企業も増えています。逆にブラックリスト方式は不要なアプリの利用を制限します。     www.ascentnet.co.jp

Apple DEPを利用するには条件がある!

Apple DEPを利用するためにはいくつかの条件があることを覚えておきましょう。誰でも利用できるプログラムではないのです。
まず利用しているスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末がApple DEPの対象となるのかどうかを確認する必要があります。対象となるスマートデバイス端末はApple DEPに対応している販売店からスマートデバイス端末を購入するか、apple storeから法人として端末購入している必要があります。この条件に見合っていなければApple DEPのサービスを受けることはできません。また登録できるスマートデバイス端末が新規なのか、既存なのかの販売形態に関しては、販売店により異なります。
スマートデバイス端末を新規購入する場合は、対応販売店から購入すればApple DEPを利用できますが、購入した販売店によってはApple DEPに登録できないケースもあることを覚えておきましょう。キャリアやそれぞれの販売店で条件は異なりますので、購入前には事前に確認しておくことをおすすめしています。参照URL

管理操作を必要としない効率的な端末管理ができるmdm

mdmツールはスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末による管理をするツールであり、一元管理するためには欠かせません。Mdmには様々な機能がありますが、グループによる管理機能、グループ別ポリシー設定などの機能はmdmツールの中でも基本的な機能となっています。
階層的グループによる管理では、階層的なグループ構造を作成することができる機能であり、組織図通りの分かりやすいスマートデバイス端末の管理ができるようになっています。それぞれのグループに、機能の組み合わせや、監視方法の設定などの細かい設定が可能になっています。
またグループ別ポリシー設定では拠点、部門などで異なる働き方に合わせた設定をグループポリシーとしてそれぞれ設定することができる管理機能になっています。
グループポリシーを設定しておくと、アプリを自動的に適用させたり、設定したり、ポリシー違反時の自動復帰などをすることが可能になっています。このグループ別ポリシー設定は、管理者操作を必要としない効率的なスマートデバイス端末の管理が可能なのです。mdm

新しい技術に柔軟に対応してくれるmdmがおすすめ

スマートフォンやタブレット端末を管理するツールとしてmdmは欠かせません。このmdmは運用管理を効率化させることができます。ほとんどのmdmではマルチOSni対応しており、ライセンスの移動も非常に簡単です。管理しているスマートデバイス端末に対してライセンスを発行するので、管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしができるのです。
また一つの管理ツールで全てのスマートデバイス端末を管理設定することができます。マルウェア対策、アクセス制限などのセキュリティ機能、各グループへの機能制限、端末データのバックアップなど多彩な機能を提供してくれるmdmは使いこなすことでより高い安全性を獲得することができます。
さらにmdmは新しい技術にもいち早く対応してくれます。例えばapple者が提供するVPPやDEP、Googleが提供しているandroid for workにも素早く対応してくれます。
Mdmを選ぶ時には新しい技術に柔軟に対応してくれるmdmかどうかはしっかりと確認しておく項目と言えるでしょう。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm%E6%AF%94%E8%BC%83/

アプリの設定が可能なmdm

教育現場でタブレット端末などのスマートデバイスを使用する授業が当たり前のように行われる時代になってきています。導入したスマートデバイス端末を大量に管理するためには、教師だけで管理するのは到底不可能です。そこでmdmツールを用いた一元管理を行うことで、効率よくスマートデバイス端末を管理し導入することができるのです。
例えばアプリのインストールや、アップデートを行うといった時に、1台1台設定するわけにはいきません。それが10台程度であれば話は別ですが、1000台にもなるとそれを手作業で設定するのは困難です。そこでmdmを用いて一括して管理を行えば、管理者の業務効率アップにつながります。
ほとんどの教育機関ではタブレット端末を導入する段階で、授業支援アプリの活用が検討されています。
しかしそれ以外のアプリの導入はまだ検討段階というケースが多く、導入をはじめてから他のアプリも使ってみたいという要望が出てくる場合が多いです。その時にmdmツールがあれば簡単にアプリのダウンロード、設定が可能になるのです。MDM MoDeM

複数の管理者での管理が可能なmdm

mdmにはいくつもの機能があり、セキュリティ機能の他、基本的機能、資産管理機能など様々です。たくさんの機能がついているmdmがいいとは言い切れませんが、基本的な機能がしっかりと充実しているmdmを選ぶことがおすすめでしょう。特に管理のしやすいmdmツールは管理者側としても使用、活用しやすいです。例えば階層的グループによる管理が可能なmdmツールの場合、組織図通りの分かりやすいデバイス管理が可能になってきます。
また複数の管理者が役割を分担してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理を行う場合には、柔軟な権限付与設定が必要になります。その場合に管理者アカウント作成、権限設定ができるmdmであれ、部門編成や運用体制などに合わせて活用することで、管理者一人一人の手間が軽減して、円滑なモバイルデバイス管理を実現することができるでしょう。セキュリティルールなどは情報システムのみが変更できる状態を維持しながら、業務活用の把握、緊急時の対策は拠点や部門に任せることができるので効果的なデバイス管理が可能になっていますMDM MoDeM

視認性、操作性に優れたmdm

Mdmはスマートフォンやタブレット端末を一元管理するには欠かせないツールになります。アプリケーション内でビジネス情報を表示する時mdmを導入していると操作性、視認性に優れます。また全てのサービスにドキュメントビューワを標準装備しているので、WordやExcelなどのビジネスで使用するファイルも綺麗に閲覧することができます。UIはキャリアを問わず統一されていて、分かりやすく利用することができるでしょう。
またmdmツールの機能の中にはモバイルデバイス端末にデータを残さないようにする設定もあります。通常のスマートフォンアプリの場合にはビジネスデータや住所録など重要な情報が同期されて端末内に残ってしまうのですが、mdmツールを利用するとクラウド上、サーバー上のデータをアプリ内で閲覧していることになるので外部に漏れ出てはいけない大切なビジネスデータにおいては一切残りません。通信経路はSSLで暗号化し、個体識別番号認証も含めた多様素認証にも対応しています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/mdm%E3%81%A8%E3%87%AF/

キッティングの作業効率を効率化したmdm

教育現場でタブレット端末などのスマートデバイスを導入すると、今までの紙を使っていた授業からより視覚的にわかりやすく、より効率的に授業を進めていくことができます。生徒のやる気にもつながりますし、理解力のアップ、関心を高めるなどにもつながるスマートデバイスによる授業は非常に人気があり、注目を集めています。また生徒だけではなく、先生にとってもスマートデバイスを利用した授業を行うことで、授業準備の時間の短縮などにもつながります。教育現場でタブレットをうまく利用するためにはmdm機能が欠かせません。教育現場における効率的な運用を実現するmdm機能としては、キッティングの作業効率を大幅に効率化する機能があります。
Apple社がキッティングを効率化するために提供しているプログラムになるのですが、このプログラムに対応したmdmを利用することで、大量のスマートデバイス端末をキッティングする負担を大幅に低減することができます。つまり効率よくタブレットなどのスマートデバイス端末を学校内に導入することができるようになるのです。MDM

mam、mcm機能のついたmdm製品が人気

パソコンやスマートフォン、タブレット端末など様々な形態のスマートデバイス端末を利用するシーンが増えてきたことからmdm導入が広まってきています。Mdm自体はスマートデバイス管理を行う機能になりますが、mdm機能だけではなくmcmやmam機能が付いたmdm製品も登場していきています。
Mcmはモバイルコンテンツ管理、mamはモバイルアプリケーション管理のことであり、mcm管理ではデータのみを管理します。またmamではソフトとデータを管理することができます。
Mdmではスマートデバイス自体を管理するためのソリューションであり、端末の紛失、盗難の際にはmdm機能が欠かせません。mdmでは遠隔操作によってスマートデバイスの初期化を行って、GPS機能を利用することができるのでその端末がどこにあるのかを把握できるでしょう。Mamでは細かいアプリケーション単位の制御が可能になっていて、エンドユーザーは利用したいアプリを個別にエントリーして、企業側も自社のポリシーに違反しない限り、導入を認めることができます。MDM modem