ハイテク犯罪

近年に入りコンピュター上で扱うデータは増大の一途を辿り、セキュリティー面での堅牢性という部分は社の大きな不安材料となった。さらに携帯端末の業務利用など不安は大きくなるばかり。専門家の雇用やMDMサービスによる徹底した管理があってなおその不安は払拭されない。「情報漏洩」や「ウイルス被害」という事例が後を絶たず、これを完全に「根絶」できない限りは絶対の安心など無い。昔からウイルスとワクチン、犯罪者と警察という関係は常々いたちごっこであると言われるが、IT犯罪においても、古の時代より大きく変わってはいないのも実情だ。IT犯罪というと凄腕のハッカーが幾重にも張り巡らされた防壁を軽々と突破していく、そんなSF映画の頭脳戦のような物を想像するかもしれないが、実際の所は驚くほど単純な手口の方が効果的だったりもする。手品のトリックも種を明かせばチープなトリックである事が多いように、ハイテク犯罪の裏にローテクあり。手っ取り早いのはオフィスのパソコンを物理的に盗むことだ。そりゃ無理だと思うかもしれないが、社員が持ち歩いている業務用のスマホはどうだろう?紛失と盗難では偉い違いだ。mdmを価格面からみてみます

教育機関でのmdmの役割とは?

企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入はビジネスの効率を高めるために必要不可欠であり、多くの企業や会社がモバイルデバイスの導入を進めています。モバイルデバイスの導入を進めているのは企業だけではなく、学校などの教育機関でもモバイルデバイス導入が進んでいることをご存じですか?教育機関の中でも塾などでは以前からモバイルデバイスの導入が進められてきました。さらにここ数年は小学校や中学校などの義務教育機関でもモバイルデバイスを使った授業を積極的に行っていこうという方向性になっています。多くの教育機関ではapple社のiPadなどのタブレット端末を利用しているのですが、導入の動きが活発化するほど、モバイルデバイス管理=mdmに関しても注目が集まってきています。Mdmはモバイルデバイス管理のことであり、たくさんのモバイルデバイス端末を一元管理することができる管理機能システムになります。このmdmを利用することによってユーザーの使用の制限や情報流出予防などにつながります。そもそもmdmとは

mdm管理ってどれくらいの費用がかかるの?

mdm管理はスマホやタブレットなどを仕事や授業で効率よく使用するためには欠かせないソリューションになります。企業や教育機関でモバイルデバイスを使用するといった場合、莫大な数のモバイルデバイスの設定、管理が必要になります。1台1台管理、設定していては時間がかかりすぎて、仕事や学習の効率が低下してしまいます。
そこでmdm管理を利用することで、1台1台設定管理しなければならないところを一括して管理してくれるので、仕事や学習の効率が大幅にアップします。しかしそのようなmdm管理をすると管理費用も莫大にかかってしまうのでは?と心配される方がいらっしゃいます。Mdm管理にかかる費用は利用するmdmサービスによって異なりますが、初期費用無料で1台あたりの管理費も月額300円程度でおさえることができるのです。モバイルデバイス管理、アプリケーション管理、Webアクセス管理を統合的に管理することができてこの価格であればコストパフォーマンスは良好であると言えるでしょう。
教育の場で登場するMDMです

社用スマホ

社用のスマホは導入していない。その一方で現場では勝手にスマホが導入されているというケースも近年では少なくない。特に若い世代はスマホが便利なも物である事を十分に知っている。仮に「出先」から会社に一本電話を入れるとして、その電話はどこの電話だろう?大抵は個人所有のスマホという事になる。専門の営業職などであれば社用の端末を持たせるべきであろう。個人用の端末を業務に勝手に使うとなれば、その端末には顧客や取引先の連絡先などの「情報」が蓄積されていく。MDMによる管理が行き届いてない端末にそのような情報が残ったままというのはあまり望ましくはない。個人の端末を無くそうと盗まれようと、それは自己責任であるが、中身次第ではそうは行かない。会社の持ち物は会社で管理するのが鉄則ではあるが、個人の端末が勝手に使用されているとなると管理者としては非常に面倒くさい。その為にもきちんと社用の端末は管理されるべきであるし、シャドーITと呼ばれる「勝手な機器の導入」には目を光らせる必要があるが、ゼロにするのは難しい。その為にもしっかりと分けて考えるだけのシステムと教育は今後より一層重要性を増すだろう。

ペーパーレス時代

紙切れ1枚とてタダではない。会議の度に大量の資料を用意してはシュレッダーで廃棄というのはコスト的な意味でもいささか前時代的と言わざるをえない。会議のペーパーレス化として資料をPDFファイルで作成し、クラウドサーバーに上げる事で、各人の端末から資料にアクセスできる。mdmサービスの中にはクラウドサーバーの構築も含まれている物が多い。端末の紛失に関して神経質にもなる部分として、端末その物よりも中身の重要性が大きい。端末の中に何も入っていなければ、紛失端末を「締め出す」事で、情報の漏洩は防げる。端末は「見る為」の装置であり、そこに物を入れて持ち運ばないのが重要である。一方でシュレッダーにかけられた重要書類は本当にそれで「廃棄完了」といえるだろうか?ドラマなどでも裁断された書類を気合と根性で復元するというシーンもよく見るが、実際に「不可能」ではない。手作業では非常に手間のかかる作業だが、画像として取り込んだ上で機会処理で復元するソフトも存在する。完全なセキュリティーを考えるなら紙媒体の情報は「焼却」「溶解」と言った所まで行う必要があるだろう。mdmとは

mdmの必要性

従業員に仕事用の端末を持たせる場合において、その「管理」はどこまで行うべきであろうか?仕事用の端末を与えると言うケースであれば、その使用者たる従業員はエンドユーザーという事になる。セキュリティー面での「取り扱い」に関して口頭で厳重な管理を呼びかけようとも、使うのは「人」であり、当然そこにはミスは付き物である。与えた端末の管理に関しては「個人の裁量」に委ねられる部分が多い。従業員を信頼するのも大切だが、リスク管理という意味でのmdmにおける端末の一元管理というシステムは会社の規模が大きければ大きいほど重要性が増す物である。あくまで会社の備品である以上、会社が管理するのも必然と言える。特に多くの個人情報などを扱う場合にはセキュリティー面での堅牢性は社の信頼にも直結する部分である。イージーミスによる個人情報の漏洩などはメディアなどでも大きく取り上げられる「事件」ともなりうる。扱う情報の重要性に重きを置くならば、「あれば便利」というレベルではなく、mdmにおける一元管理は「当然の備え」と考えるべき部分であるだろう。MDM modem

Iphone4が欲しいです!

みなさまこんにちは。最近アイフォン4を本気で手に入れたいと思っています。それで値段とかを調べていたのですが、案外高かったです!やっぱり僕みたいにほしがっている人がいるんですね!
それで値段なんですけど大体2万弱します。思ってたより高くないですか?誰が買うというと外国人が多いらしんです。なんでも、海外ではアイフォン4はまだ現役で使っているようで、日本で買った方が安く済むそうです。それなら私も買ってみようと思ったのですが、やっぱり回線とか遅そうだから踏み切れずにいます!
会社ではスマホを支給したりしますけど。奇跡的にIphone4を支給してくれないかなーと思っています。そしたら、mdmとかの管理ソフトが入っていても喜んで仕事で活用するのになー。余談なんですけど、iphone5も一緒に安くなってるみたいですよ。5ならあんま変わらないので4がいいんですけどねー
あ、もし会社でiphone4を支給している会社あったら教えてください!転職します!どうせならmdmの管理者を目指して!mdmとは

幼稚園にもCRM

幼稚園でもCRMは活用されているんですね。CRMは顧客満足の向上が最終目的ですが、幼稚園での利用は幼稚園児、そしてその保護者が安心して幼稚園での生活ができるように作られているようです。

幼稚園側としては、顧客情報の管理も目的となるので、園児の情報全てを一括管理できるようになり、保護者からの毎月の保育料の徴収などについても管理しやすくなるそうです。未入金の園児のデータのみを一括で抽出できたりも可能なので、事務員の手間、時間の節約にもなりますね。

私が知っている幼稚園には、中学校や高校も併設されていたんですが、そこは数年前まで女子だけの学校でした。でも時代の流れ、そして子供の数の減少によって、男女共学へと移行したんです。その移行前の年、幼稚園を以前に卒業した男児のもとに、「男女共学になりますので、是非、ご入学お待ちしてます~」といった内容のお手紙が届いたそうです^^これも過去のCRMの活用メリットと言って、いいかもしれませんね。

改革をしないといけない場合も

CRMを導入するということは、職場内で何らかの改革を行うんだという意識を持つことが大切です。新しいシステムを導入するから、それだけではなくてCRMを運用して増収に貢献する。今行っている営業や作業をこのまま続けていても、数年後には行き詰まってしまう。そうならないよう、働き方全てを改革するんだ!という位の意識があるとうまく進めることができるかもしれませんね。

CRMに今までペーパーやエクセルで管理していた顧客情報を全て移行し、それを全社化する。自分だけしか知りえなかった顧客情報、という枠から会社内全ての情報が自分の情報であり他の社員の情報でもあるわけです。これは相当な意識の改革が必要となりますよね。

また、顧客のランク付け、ということもCRMでは行われます。営業マンそれぞれが何となく行っていたこのランク付けを、今度は社内全体で行うので戸惑うことも多いかもしれません。他にも改革と言うまでもない細々とした変化があることでしょう。これらを負担、とは思わずに将来的な増収増益に舵を取っているんだ、と思えるようにしたいですね。

最新の情報を得られることが

スマホ、タブレットなどのスマートデバイスからでもアクセスができるSFAは、マネージャークラスの作業効率もアップさせていますし、また最新の情報を得られることがどれだけ次の一手に大きな影響を与えるのか、改めて知ることができます。

商談をしてすぐ、営業マンはSFAにそのプロセスや次にどのようなアクションを起こしたいのか、入力します。記録をしっかりと行うことで営業マンとしては次の商談に集中できる、というメリットもあります。

そしてマネージャーですが、リアルタイムで営業マンたちの営業プロセスや商談の内容を確認できるようになります。最新の情報を知ることで、もし営業マンの方向性に無理があったり間違った場面があれば、すぐにそこで修正ができるわけです。また、マネージャーが予想する以上に進んでいる場合には、たたみかける様に営業を行うことで、より大きな商談を成功に導く可能性も広がるんですね。

ライバルの会社よりも先手先手を打つ営業ができる。これもSFAの大きなメリットと言えるでしょう。