Apple DEPのメリットとは?

Apple DEPとは、apple社が提供するサービスプログラムであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス単m多雨の導入を効率よく行うために、appleのモバイルデバイス端末をモバイルデバイス管理システム(mdm)に自動的に登録できるプログラムです。大量のモバイルデバイス端末を一括して導入する企業にとってはこの初期導入作業=キッティング作業が管理者を悩ませる要因となります。そのmdm導入設定、作業が簡単に行えるようになるApple DEPは非常に便利なサービスと言えるでしょう。
キッティング作業を外部に委託してしまうと、それだけでも大きなコストがかかってきます。
mdmを導入していても、mdmの設定は管理者側で設定しなければならず、無料で利用できるApple DEPは非常に嬉しいサービスと言えるでしょう。
Apple DEPは、appleから直接購入した場合、apple正規販売店、携帯電話会社から購入したモバイルデバイス端末のみの適用です。
appleに購入経路を伝える認識コードが、appleお客様番号、DEP販売店IDになり、この番号が必要となります。

モバイル端末管理の基本的な重要機能

モバイル端末管理ツールであるmdmにはいくつかの機能があります。それぞれmdm製品によって機能は異なりますが、基本的な機能はどの製品においても同じです。
まず最も基本的な機能としてリモートロックシステム機能があります。リモートロック機能はmdmで最も重要な機能の1つであり、盗難や紛失への対策として有効です。モバイルデバイス端末には重要な情報がたくさん詰まっており、顧客の連絡先や名前などの個人情報も含まれています。
またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は非常に高性能であり、パソコンと同じように様々な形式のファイルを閲覧できるため、企業の社外秘の情報などもモバイルデバイス端末に含まれている可能性があります。
それらの情報が流出リスクを軽減するために利用できるのがmdmのリモートロックシステムです。
モバイルデバイス端末をリモートで一括管理して、ロックをかけることができます。

byod導入の際に求められる管理ソリューション

個人で所有するスマートフォンやタブレットを業務でも使用するbyodは海外では普及している反面、日本国内での普及はまだまだ発展途上です。byodが日本国内でほ本格的に普及しないのは、従来型のbyodソリューションに問題があると言われています。
私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をmdmで管理すると、どうしてもプライバシーの問題が浮上してきます。
その問題を解決するために、mdmだけではなく、モバイルアプリケーション管理(mam)やモバイルコンテンツ管理(mcm)などの新しいソリューションが注目されています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末全体を管理してしまうと、使用制限なども必要になり、byodの場合はその点がネックとなってしまいます。
しかしmamやmcmであればコンテンツやアプリだけを管理対象にしているので、プライバシーの観点からも問題ありません。

学校での導入事例が豊富なmdmの活用方法

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス導入実績は企業に限った話ではありません。学校などの教育現場においてもタブレットを用いた授業を行う機会が増えており、モバイルデバイス端末を導入している教育機関は近年増加傾向にあります。国の方針としても2020年までに生徒1人に1台のタブレットを支給すると言われており、これからますます教育のICT化は進むでしょう。
教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合、その端末の管理が問題となってきます。その時に欠かせないのがmdmです。数百台、数千台のタブレット端末を導入する学校では、教師がモバイルデバイス端末を管理しなければならずその負担は非常に大きいです。そこで教育現場では企業と同じくmdmを導入して、モバイルデバイス端末を一括管理しています。新たなアプリを配布するのにも手作業ではなく、mdmで一括管理することで作業効率は格段にアップします。導入時の初期設定が簡単に行える、アプリの配布がスムーズになるだけではなく、生徒や学生にふさわしくない利用方法ができないようにタブレット端末の使用制限などの機能もmdmにはあります

mdmの導入事例の中にはmam、mcm導入も?!

mdmはモバイルデバイスマネジメントの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理できるツールになります。企業でモバイルデバイス端末を導入した場合、多くの企業でmdmの導入事例が確認できます。
またmdmとは違う、emmを導入する企業もいます。emmとはenterprise Mobiliy Managementの略であり、エンタープライズ・モビリティ管理と呼ばれています。このemmはmdmにmamやmcmなどの機能を併せたものになり、mdmに比べて、モバイルデバイス端末だけではなく、アプリケーションやデータも併せて管理することが可能です。
そのため統合されたモバイルデバイス端末管理が可能になるのです。もしもスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を紛失した時に、EMMではロック操作をするだけではなく、デバイス端末内の企業データの削除も可能です。
mamはモバイルアプリケーション管理のことであり、アプリケーションの管理を行う機能です。mamの機能によってデバイスにインストールされたアプリ一覧を確認で、特定アプリのみのインストールを可能にすることもできます。

mdm製品を選ぶ時の比較ポイントとは?

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、企業や教育機関などでもモバイルデバイス端末を導入する機会が増えています。その際に大量のモバイルデバイス端末を一括して管理するために使うのがmdmです。mdmはモバイルデバイス管理ツールと呼ばれており、セキュリティ対策や資産管理のために欠かせません。
モバイルデバイス端末の普及に伴い、mdm製品も数多く登場しています。多くのmdm製品の中からどのmdmがよいかを比較する際、どのような点をポイントに比較すればよいのでしょうか?
mdmの機能だけを見ると、どのメーカーもほぼ同じ機能がついています。その他の比較ポイントとして付加機能や管理画面の使いやすさ、サポート体制などもチェックしてみましょう。mdmサービスは導入する前に試用できるので実際に複数のmdm製品を使ってみて一番しっくりするものを選びましょう。mdm製品はかなりの数があるので企業にとって一番よいものを選ぶ必要があります。

情報端末に関わるコスト削減につながるbring your own device

bring your own deviceは従業員が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を社内の業務で使用することを言います。bring your own deviceを導入することによってモバイルデバイス端末を複数台持つ必要がなくなります。会社で支給するスマートフォンやタブレットがある場合、社用とプライベート用と2台のスマートフォンを持つ必要があります。2台のモバイルデバイス端末を持つのは面倒ですし、紛失、盗難の危険性も高まります。またバッテリーなどの端末管理も楽になるので、使用者側としての負担も軽減できます。
さらにbring your own deviceを導入すれば、情報端末に関わるコスト削減につながります。
社員が所有するモバイルデバイス端末を使用するので、情報端末に関わる初期投資や運用コストを最小限に抑えることができます。外出の多いスタッフのみがモバイルデバイス端末を導入していたという企業でも、コスト面での負担が軽くなることで全スタッフへの支給が可能になるでしょう。

mdmソリューションの普及

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する場合、業務活用を支える管理ツールとなるのがmdmソリューションです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理できる管理ツールであり、企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を一括して導入する場合には、このmdmソリューションが欠かせません。
mdmソリューションは基本的にはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のOSとハードウェアの保護に重点を置いています。
さらに近年ではmdm機能だけではなく、モバイルアプリケーション管理機能(MAM)の機能を持ったEMMの製品の人気も高まっていることから、企業として選ぶmdmソリューションに違いが生じてきています。モバイルデバイス端末のセキュリティは、アプリケーションにも大きく依存することから、アプリケーションの管理も重要であると言われるようになってきています。

byod事例で必要なmdm

byodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を会社の業務にも利用するシステムのことを言います。
byodの導入事例は増えており、導入した企業ではわざわざ会社がモバイルデバイス端末を支給しなくてよくなるので、経費削減にもつながります。
しかし会社が支給したモバイルデバイス端末を一元管理するように、byodを導入した事例においてもしっかりとした一元管理が必要であり、セキュリティ対策を考えなけれななりません。
byodを支える技術として、mdm製品があります。mdm製品はモバイルデバイス管理ツールのことであり、モバイルデバイス端末にエージェントソフトをインストールして、企業が定めた一定のポリシーの元で、モバイルデバイス端末を監視して、操作、機能を制御していくシステムツールになります。
強度が高い複雑なパスワードを導入することで、デバイス端末からの情報流出を防ぐなどの機能があります。

mdm導入事例を参考にmdmを選定しよう

mdmは企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットを導入した時には欠かせないツールになります。mdm導入事例は年々増えてきており、セキュリティ対策にはmdmが欠かせない存在にあんっています。
mdmの価格は、mdmを提供するメーカーによって異なりますが、管理するモバイルデバイスは数百円程度で利用可能です。
ただmdmにかかる費用はこれだけではありません。mdmを導入する時にかかる初期費用などのコストもあるので、mdm導入事例を参考にどのくらいの費用がかかってくるのかを比較しながらmdmサービスの詳細を確認するとよいでしょう。
またmdmソリューションによってはmdm専用のサーバーが必要になる場合もあります。mdmの多くはインターネット経由で必要な機能を利用できるSaaS型として提供されているので、企業や教育現場などの組織で改めてサーバーを用意する必要は特にありません。このような選ぶmdmによって違いはおおくあります。