byodを導入する時の課題とは?

byodとはbring your own deviceの略であり、企業が検討しなければいけない課題の1つです。byodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することです。
以前であれば会社が支給したモバイルデバイス端末を従業員が業務で使用するというのが一般的な流れでした。しかし近年ではbyodを導入する企業も増えてきており、端末を複数台持たなくてよい、初期導入費用を削減できる、
使い勝手が分かっているので業務効率がアップするなど様々なメリットが得られるbyodに人気が集まってきています。
ただbyodはよい面だけではありません。課題ももちろんあります。byodの課題としては、プライベートと社用のモバイルデバイス端末が同じになるので、セキュリティ問題が浮上してきます。
利用制限をかけてしまうと、プライベートでの使用の際に困ってしまいますが、野放しの状態にしてしまうと情報漏えいの危険性が高まってしまいます。mdmなどの管理ツールでうまく管理していく必要があるでしょう。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>