bring your own deviceが増えている

bring your own deviceとはbyodと略されることもあります。bring your own deviceは企業でスマートフォンやタブレットを導入する際に、会社が支給したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用するのではなく、個人が所有しているモバイルデバイス端末を使用することを言います。
bring your own deviceを導入することで、会社側としてはモバイルデバイス端末を支給しなくてすむので初期導入にかかるコストを大幅にカットすることができます。
また従業員側としても、普段から使い慣れているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用できるので、操作がしやすく、業務効率はたかまりますし、操作などが分からずに会社に問い合わすなどの面倒さもありません。
bring your own deviceを導入する場合には、利用制限の面などで企業側と従業員側でどこで折り合いをつけるのかしっかりと決めておく必要があります。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>