byod導入の際に求められる管理ソリューション

個人で所有するスマートフォンやタブレットを業務でも使用するbyodは海外では普及している反面、日本国内での普及はまだまだ発展途上です。byodが日本国内でほ本格的に普及しないのは、従来型のbyodソリューションに問題があると言われています。
私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をmdmで管理すると、どうしてもプライバシーの問題が浮上してきます。
その問題を解決するために、mdmだけではなく、モバイルアプリケーション管理(mam)やモバイルコンテンツ管理(mcm)などの新しいソリューションが注目されています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末全体を管理してしまうと、使用制限なども必要になり、byodの場合はその点がネックとなってしまいます。
しかしmamやmcmであればコンテンツやアプリだけを管理対象にしているので、プライバシーの観点からも問題ありません。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>