情報端末に関わるコスト削減につながるbring your own device

bring your own deviceは従業員が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を社内の業務で使用することを言います。bring your own deviceを導入することによってモバイルデバイス端末を複数台持つ必要がなくなります。会社で支給するスマートフォンやタブレットがある場合、社用とプライベート用と2台のスマートフォンを持つ必要があります。2台のモバイルデバイス端末を持つのは面倒ですし、紛失、盗難の危険性も高まります。またバッテリーなどの端末管理も楽になるので、使用者側としての負担も軽減できます。
さらにbring your own deviceを導入すれば、情報端末に関わるコスト削減につながります。
社員が所有するモバイルデバイス端末を使用するので、情報端末に関わる初期投資や運用コストを最小限に抑えることができます。外出の多いスタッフのみがモバイルデバイス端末を導入していたという企業でも、コスト面での負担が軽くなることで全スタッフへの支給が可能になるでしょう。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>