byod導入におけるソリューション

企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、企業が一括して支給して、一元管理するのが一般的でした。その場合、企業のモバイルデバイス端末向けのソリューションとしてmdm(モバイルデバイス端末管理)やmam(モバイルアプリケーション管理)などを利用されてきました。
mdmはモバイルデバイス端末が盗難、紛失された時に、リモートワイプ、リモートロックなどの機能で、モバイルデバイス端末を保護する役割を果たしてくれます。
mamは端末上で私用、業務用のデータ領域を分けて管理することができるセキュアコンテナによる管理が一般的になっています。
つまりモバイルデバイス端末を私物のものを利用するbyodにとってよりよく管理ができるということ。
ただセキュアコンテナ型では、実行する業務に合わせたアプリ開発が必要になるため、情報漏えいリスクも残ってしまいます。
そのためbyodに適用するソリューションとしては、mdmやmamは課題が残ってしまいます。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>