ハイテク犯罪

近年に入りコンピュター上で扱うデータは増大の一途を辿り、セキュリティー面での堅牢性という部分は社の大きな不安材料となった。さらに携帯端末の業務利用など不安は大きくなるばかり。専門家の雇用やMDMサービスによる徹底した管理があってなおその不安は払拭されない。「情報漏洩」や「ウイルス被害」という事例が後を絶たず、これを完全に「根絶」できない限りは絶対の安心など無い。昔からウイルスとワクチン、犯罪者と警察という関係は常々いたちごっこであると言われるが、IT犯罪においても、古の時代より大きく変わってはいないのも実情だ。IT犯罪というと凄腕のハッカーが幾重にも張り巡らされた防壁を軽々と突破していく、そんなSF映画の頭脳戦のような物を想像するかもしれないが、実際の所は驚くほど単純な手口の方が効果的だったりもする。手品のトリックも種を明かせばチープなトリックである事が多いように、ハイテク犯罪の裏にローテクあり。手っ取り早いのはオフィスのパソコンを物理的に盗むことだ。そりゃ無理だと思うかもしれないが、社員が持ち歩いている業務用のスマホはどうだろう?紛失と盗難では偉い違いだ。mdmを価格面からみてみます

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>