ペーパーレス時代

紙切れ1枚とてタダではない。会議の度に大量の資料を用意してはシュレッダーで廃棄というのはコスト的な意味でもいささか前時代的と言わざるをえない。会議のペーパーレス化として資料をPDFファイルで作成し、クラウドサーバーに上げる事で、各人の端末から資料にアクセスできる。mdmサービスの中にはクラウドサーバーの構築も含まれている物が多い。端末の紛失に関して神経質にもなる部分として、端末その物よりも中身の重要性が大きい。端末の中に何も入っていなければ、紛失端末を「締め出す」事で、情報の漏洩は防げる。端末は「見る為」の装置であり、そこに物を入れて持ち運ばないのが重要である。一方でシュレッダーにかけられた重要書類は本当にそれで「廃棄完了」といえるだろうか?ドラマなどでも裁断された書類を気合と根性で復元するというシーンもよく見るが、実際に「不可能」ではない。手作業では非常に手間のかかる作業だが、画像として取り込んだ上で機会処理で復元するソフトも存在する。完全なセキュリティーを考えるなら紙媒体の情報は「焼却」「溶解」と言った所まで行う必要があるだろう。mdmとは

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>