mdmの必要性

従業員に仕事用の端末を持たせる場合において、その「管理」はどこまで行うべきであろうか?仕事用の端末を与えると言うケースであれば、その使用者たる従業員はエンドユーザーという事になる。セキュリティー面での「取り扱い」に関して口頭で厳重な管理を呼びかけようとも、使うのは「人」であり、当然そこにはミスは付き物である。与えた端末の管理に関しては「個人の裁量」に委ねられる部分が多い。従業員を信頼するのも大切だが、リスク管理という意味でのmdmにおける端末の一元管理というシステムは会社の規模が大きければ大きいほど重要性が増す物である。あくまで会社の備品である以上、会社が管理するのも必然と言える。特に多くの個人情報などを扱う場合にはセキュリティー面での堅牢性は社の信頼にも直結する部分である。イージーミスによる個人情報の漏洩などはメディアなどでも大きく取り上げられる「事件」ともなりうる。扱う情報の重要性に重きを置くならば、「あれば便利」というレベルではなく、mdmにおける一元管理は「当然の備え」と考えるべき部分であるだろう。MDM modem

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>