営業活動の効率化を実現

名刺管理サービスとCRMが連携したそうです。これによって営業活動の効率化が実現できるとのこと。

CRMの登場によって顧客管理や分析など営業活動はかなり効率化されたと思うですが、もうそれだけではダメなのでしょうね。今度は名刺管理のクラウドサービスと手を組んだそうです。

名刺管理サービスと言うとSansan?と思うのですが、違うんですね~^^株式会社アイネットという会社の名刺バンクというツールです。このツールとの連携で、名刺情報をセールスフォースのSales Cloudの機能に登録ができるようになるんだそうです。勝手にツールが登録してくれるということは、人の手を必要としないため登録という手間が省けるんですね~。この手間の省略によって業務の負担も減り効率化できると。さらには顧客情報もうま~く利用できるようになるため、営業活動の効率化も可能となるとのことです。

名刺情報を手入力する必要もなく、この情報がセールスフォースのサービスに連携できるのは、すごく助かりそうですね。

KnowledgeSuite

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>