自分がいる場所の災害情報を受け取る

東日本大震災以降、地震に対する意識が高まった人は多いと思います。
携帯電話やマートフォンなどで受け取ることができる災害情報は、少しでも余裕を持って行動をするために、必要不可欠となりつつありますね。
ヤフーは、スマートフォン向けアプリ『防災速報』のアンドロイド版に、現在地の災害情報を受け取ることができる機能を追加したそうです。
この機能は、前もってエリアを設定しておけば、自動で災害情報を通知してもらえるものとのことで、地震、津波、豪雨に加えて、放射線量、使用電力量まで知ることができるそうです。
更に、位置情報を利用して、現在いる場所の災害情報を受け取ることができるそうなので、より安心です。
これらのサービスを上手に利用して、いざという時、できるだけ落ち着いて行動できるように、普段から備えておくようにしたいですね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>