カスタマイズ機能を使用するためのドライバ設定 » アンドロイドムード -

カスタマイズ機能を使用するためのドライバ設定

GoogleのUSB ドライバーはNexus One、 Nexus S に限定した対応なので、それぞれのドライバーをセットアップすると良いでしょう。
アンドロイドの自由性は最大の特徴ですから、内容を理解して正しく使用すればカスタマイズ機能を活用することが可能です。
複数のアプリを起動することで、
他にもバックグランドで通信やアプリを行うにはマルチタスク機能が必要不可欠ですが、2種類の位置情報を取得できる中で、
ネットワークからは位置特性する精度が低く、 GPSからは高精度で取得が行えます。

左右のフリックによるアプリトレイからページ切り替えに変わったので、奥から画面が表れるような表示がされます。
「タブアクションバー (tabbed actionbar)」「リストアクションバー(list action bar)」「標準アクションバー(standard action bar)」があります。

アプリケーションの開発環境もAndroid4.1SDK (Software Development Kit) が無償で提供されています。
アプリケーションの開発には意図しない形でUXの良くない設計になってしまうケースもある為、特性をしっかり理解して開発しましょう。
AppStoreやiTunesの動きにストレスを感じる場合が想定できましたが、ダウンロードまでがシームレスです。
プラットホームの共有化に伴いコストを抑えつつ各社が強みを出しやすくなったわけです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>